メインメニュー

ちょうかいネットについて

[eraseBlockTitle] ちょうかいネットについて

Net4Uについて



Net4U概念図

Net4Uとは

 Net4Uという愛称は、"the New e-teamwork by 4Units"の略から来ています。
4Unitsとは「病院・診療所・看護介護・検査センター」のことで、読みからあなたの(健康の)ためのネットワークという意味も表現しています。また、シンボルマークは、医師会を中心に病院、診療所、看護介護、検査センターの連携が表現されています。
 現在は4Unitsの枠を超えて、介護系事業者や薬局へとその連携の枠は広がりを持っておりますが、その親しみやすい愛称を継続して使っています。





Net4U機能一覧




システム基本機能

  • ポータル機能
  • メール機能
  • 文書管理機能
  • 参加者検索機能
  • 操作履歴確認機能
  • 施設間患者紐付け機能
  • 地域患者名寄せ機能

共有カルテ機能

  • 所見入力機能
  • 処置入力機能
  • 処方入力機能
  • 検査結果入力機能
  • 検査結果履歴表示機能
  • 文書作成・送信機能
  • 画像添付機能
  • ファイル添付機能
  • 患者メモ機能
  • 診断名登録機能
  • 患者サマリー機能

※すべての共有カルテ情報は履歴管理されており、データの真正性が担保されております。



マスタ管理機能

  • 処方セットマスタ機能
  • 検査セットマスタ機能

※各種標準マスタに準拠しています。

システム相互運用性機能

  • 地域電子カルテネットワーク連携機能
  • 検査結果自動取込機能

※SS-MIX等の標準的なデータ交換規格に対応可能です。



文書テンプレート機能

≪医療向け≫

  • 診療情報提供書
  • 訪問看護指示書
  • 特別訪問看護指示書
  • 主治医意見書

≪介護向け≫

  • 入院前報告書
  • 退院退所情報提供書
  • 医療機関利用確認書
  • サービス担当者会議照会書
  • サービス利用申込書
  • 利用者情報提供連絡票
  • 介護保険診療情報提供書
  • 情報共有依頼書

≪薬局向け≫

  • 薬学的管理指導計画書
  • 訪問服薬指導報告書
  • 診療情報提供書・訪問依頼書




詳細・画面スクリーンショット




ポータル機能

ポータル機能

 Net4Uにログインして最初に表示されるポータル画面には、新着メールや新しい招待の通知、システムからのお知らせ、ニュースヘッドライン等、あなたが今必要とする情報が表示されています。
 新着患者情報には、自施設・他施設問わず、共有カルテ情報が入力された患者が新しい順に表示されますので、閲覧や情報共有の必要性が高い患者の情報をすぐに表示することができます。
 Net4Uでは自分の写真をプロフィールとして公開することができますので、「顔の見える連携」を具体的なかたちで支援します。



患者一覧機能

患者一覧機能

 自施設が情報アクセス権を持つ患者を検索、一覧表示することができます。
 検索結果から、共有カルテを開いたり、患者情報の編集画面を開くことができます。



患者ポータル機能

患者ポータル機能

 患者を指定することで、患者情報が一元管理された患者ポータル画面を表示することができます。
 情報アクセス権を持つすべての施設が書き込むことができる共有カルテを中心に、患者属性情報、共有施設一覧、診断名、参照履歴、患者サマリ等、患者に関する情報はここに集約されています。



所見入力機能

所見入力機能

 所見はフリー入力、SOAP入力の二通りの入力方法を選んで入力することができます。
 画像ファイルを添付することもできます。

 所見に限らず、すべての共有カルテコンテンツは履歴管理されており、いつでも過去の記述や変更の過程を確認することができます。



文書作成機能

文書作成機能

 医療介護連携、在宅医療に特化した新しいNet4Uでは、医療、介護、薬局に渡る様々な文書テンプレートが用意されています。紙とファックスによる煩雑な作業が軽減され、かつリアルタイムに各種文書を伝達することができるようになります。
 作成した文書はPDF形式で出力することができますので、必要な時にいつでも印刷することができます。



文書一覧機能

文書一覧機能

 文書一覧画面では施設で作成した文書を一元的に検索、表示、印刷することができます。今月作成した診療情報提供書の一覧や、○○訪問看護ステーション宛の訪問看護指示書の一覧…といったように、施設内で作成した文書を多角的に検索することができます。
 また、すべての文書は履歴管理されていますので、一般的な文書管理システムとしても十分に活用することができます。